スリープドクターズピロー
睡眠の専門家も絶賛!【いびき対策まくら】


2007年03月07日

NITORI家具のトータルコーディネート

NITORI家具でトータルコーディネートする

NITORI家具を好きなテイストに組み合わせる。
家具に合わせてNITORIカーテンやラグなどのファブリック類と
カラーコーディネートし部屋全体を整える。
部屋全体をこのようにトータルコーディネートできるようになったのは、NITORIの功績だ。
NITORIが家具業界で独り勝ちとなっているのは、この部分が大きい。
よくNITORIは「安さ」のみ注目されるが、
実はこのカラーコーディネートが一番進んでいる。
家具業界で似鳥に追いつけるところは、まだ見当たらない。

でも、家具業界ではないのにNITORIに接近している企業がある

「イオン」グループだ。
特にファブリック関連でカラーコーディネートを進めている。
しかし、多すぎるのが難点かもしれない。
32色もあってもカラーを合わせるのに悩んでしまうからだ。

以前は無印でも可能であったが、価格帯が高めなので、
なかなか一般サラリーマンの収入でトータルコーディネートをする人は少なかった。

もともと家具やカーテンは高級品の部類だったので、
新築などの思い切った時でしか買えない商品。

今ではソファーの買い替え、季節に合わせてカーテンを変えるなど、
平均年収の普通の人でもできるようになった。
ユニクロとNITORIが日本人の生活スタイルを変えたと言っても良い。
洋服が値段を気にしないで買える。
8000円前後していたジーンズは、3000円で買える。
ジャケット、シャツも2000円前後。
ソファーが2万円で、羽毛布団が8000円。

10年前なら、普通のサラリーマンには手の届かない商品が
簡単に手に入るようになった。
すきな服を着て、お気に入りの家具と一緒に過ごす。
海外にも5万円あれば行ける。
20年前には夢物語だったことが、可能な世界になった。

NITORIが家具とファブリック類や生活雑貨の
「トータルコーディネート」を日本へ輸入した。
もちろん高級インテリアの世界にはあったが、
一般の人が家をコーディネートできるようになったのは、
やはりNITORIの功績だろう。
食器から照明や置時計までカラーが統一している。

生活スタイルのハード面は、整いつつある。
あとは、「こころ」の部分が必要だと感じる。
「豊かさ」を感じること。
300万円の年収で海外にいったら、もう金持ち階層。
日本に生まれたことは、すでもう世界の上位10%にはいっている。
これって、めちゃくちゃラッキーなことですよね。
生まれながらにして金運良し。

だからこそ、「こころ」が大切。
相手の痛みが分るような人になりたし。
余裕のある「しなやか」で「豊か」な日本人になりたいものです。
NITORIで豊かな生活を作ってみませんか。
posted by 入眠障害と早朝覚醒の対策 at 19:27| 不眠症 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ヤフーショッピングで商品検索ができます↓


SEO対策済みテンプレート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。